トップ > 体のケア > 食事(マラソン大会前の食事)

体のケア

食事(マラソン大会前の食事)

大会前は炭水化物の摂取を心がけて

日々の食事のポイントは、バランスのよい食事を心がけることです。では、マラソン大会前の食事については何に気をつければいいでしょうか。

フルマラソンを走り切るために必要となるエネルギーは2,500~3,000kcalといわれています。これは、わたしたちが1日で摂取するエネルギー量と同等か、それ以上です。よってマラソン大会(とりわけフルマラソン)に出場する際には、エネルギー源であるグリコーゲンを筋肉に貯めるため、3日ほど前から炭水化物を多くとりましょう。

大会前日と当日も同じく淡水化物中心の食事を心がけます。このように、前もってグリコーゲンを筋肉に貯めておく食べ方を「グリコーゲンローディング」と呼びます。

こうして大会前に食事に気をつけていても、とくにフルマラソンの場合はレース中にもエネルギーを補給し続ける必要があります。たとえばスポーツドリンクやエネルギー補給のゼリーなどを摂るようにしましょう。

国内の大会では、エイドステーションに補給食が用意されているケースが多いはずです。それらを必要に応じて摂ることでエネルギー不足を避けられるでしょう。ただし、摂りすぎには注意してくださいね。

おすすめの書籍


体幹力を上げるコアトレーニング
価格:1,029円(税込)

金哲彦のランニング・メソッド
価格:1,155円(税込)

「体幹」ランニング (MouRa)
価格:1,260円(税込)

仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング
価格:798円(税込)

このページの先頭へ