トップ > トレーニング方法 > 坂道走

トレーニング方法

坂道走

筋力アップ、スピードアップを狙って

坂道走とは文字通り、坂道を利用したトレーニングです。ランニング初心者の場合、ランニングコースに意識して坂道を取り入れるだけでも十分なトレーニングとなるはずです。上り坂を走る際は筋力アップやスピードアップなどが期待できますし、下り坂を走る際は平坦な道よりも速いスピードで走る体験ができます。

上り坂を走る際は、脚がうしろに流れたり、腰が落ちた走りになりやすいので注意しましょう。太ももの上側の筋肉(大腿四頭筋)と、だいでん筋、ハムストリングなどの筋肉を意識して使います。脚の力を使って強引に坂をのぼろうとするよりも、股関節をダイナミックに動かすイメージを持つほうがスムーズに前進できるかもしれません。股関節の動きを大きくするため、腕振りも意識して大きくしましょう。

下り坂を走る際は膝関節や腰などの怪我に十分に注意してください。下さり坂はいつもよりもスピードがでますし、足腰への負担も大きくなります。無理にスピードアップをしようとせず、接地の際の体の軸をぶらさずに、できる限りブレーキをかけず、リズムよく走るイメージを持ちましょう。

おすすめの書籍


体幹力を上げるコアトレーニング
価格:1,029円(税込)

金哲彦のランニング・メソッド
価格:1,155円(税込)

「体幹」ランニング (MouRa)
価格:1,260円(税込)

仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング
価格:798円(税込)

このページの先頭へ