トップ > ランニング初心者講座 > ランニングの始め方

ランニング初心者講座

ランニングの始め方

シューズ一足で始められるランニング

「運動不足を解消したい」「ダイエットしたい」「マラソンに出たい」「ランニング仲間をつくりたい」――。走る目的は一人ひとり違っても、シューズ一足さえあれば気軽に始められるのがランニングです。何事も、一歩を踏み出さなければ始まらないもの。だからこそ、「走ってみたい!」と思い立ったその気持ちを大切に、始めの一歩を軽快に踏み出してみましょう。

とはいえ、気軽に始められるということは、気軽にやめられるということでもあります。ランニングを始めたにもかかわらず、三日坊主で終わった経験のある人もすくなくないはず。どうすればランニングを楽しく始めることができるのでしょうか。

何事も無計画では続かない

ランニングに限らず、新しいことを日常生活に取り込んで、それを習慣にするのは難しいもの。なかでも長く続かない一番の原因は「計画のなさ」でしょう。

「走りたい!」という衝動だけでランニングを始めても、1週間、1ヶ月、3ヶ月……と続けることはできません。走りなれていない人がランニングを始めると、まず「苦しみ」がやってくるからです。この「苦しみ」を「楽しみ」に変えるまでの助走期間を乗り越えるためにも、まず計画と目標を立てましょう。

コースを決める

計画を立てる際の第一のポイントは、コース設定です。たとえば河川敷や広い公園など走るのに適した場所があれば、そこをランニングコースに設定し、週に何回、何分間、走るのかを決定します。
「景色」をキーワードにコースを決めるのもいいでしょう。周りの風景を楽しみながら走ることで、走り始めた直後にやってくる「苦しみ」をまぎらわせ、「楽しみ」に転換できます。車の交通量の多い道路でピクニックはしないように、歩いて楽しめる場所を基準にコースを選ぶといいでしょう。あるいは人通りの多い場所をあえてコースに設定する方法もあります。人に見られている感にひたることで気持ちが高ぶり、案外、気持ちよく走れるかもしれません。

計画を立てる際のポイントは、無理のないスケジュールを意識することです。週に5回、毎日2時間走るなど、いきなり大きな計画を立てても長続きしません。週に2~3回、20~30分を目安に走るといいでしょう。

『ビギナー・ランナーのお悩み解消BOOK』(エイ出版社)の著者でフィジカルトレーナーの牧野氏によれば、(環境や体調にもよるものの)30分程度のランニングを週に3~4回程度おこなうのがおすすめとのことです。参考にされてはいかがでしょうか。

大会にエントリーする

目標を設定する一番手っ取り早い方法は、マラソン大会にエントリーしてしまうことです。大会にエントリーできるサイトをチェックし、まず5キロ~10キロなど始めやすい距離からスタートするといいでしょう。

チームに所属する

自分で計画や目標を設定するのが苦手な人は、ランニングチームに所属するのも一つの方法です。一人でもできるのがランニングの良さのひとつですが、仲間と走るのも楽しいものです。仲間とおしゃべりしながら走ると苦しさを感じにくく、比較的長い距離でもラクに走れてしまうものです。
仲間のがんばりに刺激を受け、自身のモチベーション維持にもつながります。何よりチームに所属すれば練習メニューもチームで決めますし、目標とする大会にもみんなで参加します。チームの運営に任せていれば、自然とランニングスキルと体力が向上していくでしょう。

かたちから入る

何事もかたちから入る主義(?)だという人は、まずシューズやウェアにこだわるのも、楽しくランニングを続けるコツの一つかもしれません。お気に入りのウェアに身を包むだけで走り出したくなるものです。「ファッション性」と「機能性」をキーワードにシューズやウェアを選び、カッコよく走る自分の姿をイメージしましょう。

※シューズやウェアの選び方ページもぜひ参考に。

【ランニング初心者講座】
・ランニングの始め方
ウォーキングから始めるランニング
ランニングのメリット
ランニングの注意点
ランニングを続けるコツ

おすすめの書籍


体幹力を上げるコアトレーニング
価格:1,029円(税込)

金哲彦のランニング・メソッド
価格:1,155円(税込)

「体幹」ランニング (MouRa)
価格:1,260円(税込)

仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング
価格:798円(税込)

このページの先頭へ