ランニングで太りにくい体づくり

投稿日: カテゴリー: ランニング初心者講座
Pocket

※このページは「ランニングのメリット」の一部をピックアップしてお伝えしています。

ランニングで基礎代謝を高め、太りにくい体づくりを

「ランニングでしんどい思いをしなくても、摂取カロリーを抑えるために食事制限をすればいいじゃないか」。そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし食事制限はリバウンドにつながりやすいうえ、食事制限前よりも栄養分を吸収しやすい体に変化してしまうため、逆に太りやすい体になってしまいます。

一方、ランニングによってダイエットを進めると、筋肉量が増えて基礎代謝がよくなり、太りにくい体質へと変わっていきます。基礎代謝は1日の消費エネルギーの60~70パーセントを占めるといわれます。ランニングによって筋肉量を増やし、基礎代謝を高めるほど、1日の消費エネルギーが多くなり、結果として太りにくい体づくりにつながるのです。

ランニングは、ウエストの引き締めにも効果が見込めます。正しい姿勢を保持するためには腹筋と背筋が必要となるので、ランニングによってそうした体幹の筋肉が鍛えられます。

また、走ることで股関節がダイナミックに動き、腰の筋肉も鍛えられます。ランニングをすれば、自然とウエストを引き締めることにつながるのです。加えて、だいでん筋(おしりの筋肉)をうまく使えばヒップの引き締め効果も期待できるでしょう。

初回限定980円! いま話題のお腹の脂肪を減らす機能性表示食品「シボヘール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA