ランスポとは

ランニングポータルサイト『ランスポ(RUNspo)』をご覧いただきありがとうございます。Q&A形式でこのサイトの紹介をさせていただきます。

ランスポ(RUNspo)の概要を教えてください。
『ランスポ(RUNspo)』は、「走る」に関する情報を網羅したランニングポータルサイトです。リニューアルした2017年5月現在、まだ情報は少ないですが、ライター兼現役の陸上選手としての視点を活かしたランニング関連の記事をアップしていく予定です。

ランスポ(RUNspo)の 名称の由来は?
長く陸上選手としてトレーニングを続けてきた経験から、「走ることはすべてのスポーツの基本である」という信念をもつに至りました。この思いをサイト名称『ランスポ(RUNspo)――RUN is the base of sport』に込めたいと考えたのです。

サイト運営者はどんな人?
まず陸上の経歴から――
中学1年生から大学4回生までの10年間、陸上競技ひと筋の人生を送っていました。幅跳び、三段跳びを専門に、中学では全日本中学選手権、高校ではインターハイ、大学ではインカレや日本選手権、国体などに出場しました。ですが、全国大会に出場しても10位台がいいところで、ついに上位入賞の夢を果たすことはできませんでした。

仕事関係について――
10年以上ライターを続けています。2008年1月にフリーランスに転向し、以降、ビジネス書など単行本の編集協力を中心に、ビジネス誌の取材執筆や広告のコピーライティングを主な専門分野として活動しています。

陸上競技は大学卒業と同時に引退しましたが、フリーランスに転向した30歳のとき、一念発起して8年ぶりに陸上競技を再開。39歳の現在(2017年5月現在)も陸上選手としてトレーニングを積み、たまに試合に出場したりしています。ちなみに、仕事で使っている名刺の肩書きは「走る編集ライター」です。

なぜランスポ(RUNspo)を立ち上げようと思った?
ライターになって10年が経過したとき、そろそろ自分の好きなことも仕事にしたいと思うようになりました。また、ライターとして積んできた経験やスキルを世の中に役立てたいと考えるようにもなりました。ならば、自分の好きな陸上競技をテーマにランニングポータルサイトを立ち上げれば、走ることに興味のある方々にすこしは貢献できるのではと考えたのです(その結果として、スポーツ関係の仕事につながれば、という期待ももちろんあります)。

もう一点、陸上競技に恩返しをしたかった、という理由もあります。青春時代を陸上競技一色で過ごし、悲喜こもごも、ほんとうに貴重な経験を積むことができました。人生の大切なことの多くを、走りながら学んだように思います。陸上競技にほんのすこし詳しい自分がこうしたサイトをつくることで、マイナースポーツである陸上競技のすそ野を若干でも広げられたらと願っています。

どうやってサイトを運営しているのですか?
サイト運営者は私ひとりしかいません。メインの仕事はライターで、日々、原稿の締め切りに追われています。よって仕事の合間を縫って、空き時間を工面しながらサイトを更新しています。

ランスポ(RUNspo)をどんなサイトに育てたいですか?
ひと言でいえば、「ランスポを見たのがきっかけで走り始めた」と多くの人から言ってもらえるサイトです。とりわけ子どもやリタイアした高齢の方々に走る楽しさを知ってもらいたい。走ると足腰が鍛えられます。足腰を鍛えれば健康になり、走ることで脳が活性化してクリエイティブな人生が送れます。老若男女問わず、このサイトが、そんな豊かな人生を送るきっかけになればと願っています。